ヨガの体験レッスンの流れ

ヨガの体験レッスンなら誰でも気軽に体験ができます

現在はどこのヨガ教室でも体験レッスンはやっているので、初心者の方でも電話やメールで気軽に申し込む事ができます。体験レッスンは有料の教室もありますが、初回はサービスで無料の教室も多いので、そういうサービスを利用すればお金も使わなくて済みます。

ヨガは意外と喉が渇きます

体験レッスンになると、最初は初歩的なヨガのポーズをやっていく事になりますね。外国の場合は屋外などでヨガをやる事も多いですが、日本の場合はほとんどが広いジムの中で集まってやるのが一般的と言えます。体験レッスンですので特に緊張する必要はありません。ヨガ用の服の貸し出しもやっている教室もありますが、持参する必要がある場合は動きやすいシャツと半ズボンがいいですね。ヨガの場合はとにかく汗をかくので、いつでも水を飲めるようにする必要があります。ペットボトルに入った水も用意しなくてはいけません。ペットボトルのサイズは特に決まっていませんが、喉が渇きやすい人の場合は1.5リットルのペットボトルの水を用意しておいた方がいいですね。

ヨガを始める前には体をほぐしておいた方がいいです

ヨガの体験レッスンでは、最初にカウンセリングシートを渡されて、そちらに当日の体調や体の悩みなどを書く必要があります。(教室によっては、これはありません)その後にロッカーで着替えてスタジオに入りますが、ヨガを始める前には体をほぐしておいた方がいいでしょう。最初は学生時代の体育の時にやった柔軟体操に似た雰囲気になりますが、別に激しい運動をする訳ではないので体に負担はかかりません。最初は講師の指導通りにヨガのポーズをしていき参加者の全員が同じポーズをとっていく事になります。ポーズは可能な範囲で問題はないので無理をして必要以上に体を曲げる必要はありません。ポーズに疲れた場合は、いつでも休む事ができます。

ポーズだけでなく呼吸も重要

ヨガの体験レッスンなら、初心者用のコースですので、寝ポーズに座りポーズに立ちポーズの基本的な動きを教えていく事になります。ポーズだけではなく、ポーズ中に息を吸うタイミングや吐くタイミングなども詳しく教えてくれるのでヨガの呼吸法も詳しく教わる事ができます。ヨガはポーズの他にも呼吸も大切ですので、この呼吸のアドバイスが受けられるのがヨガの体験レッスンの大きなメリットになりますね。ヨガを続けていくと個人差もありますが、結構喉が渇くので手元に用意したペットボトルの水でいつでも水分補給ができるようにしておく必要があります。もしも、レッスン中に体調が悪くなったら無理をしないで講師の方に申し出て休憩をした方がいいですね。